はじめに

  • beamerはteTeXに含まれています。PDF出力の例: 1 2 3 4 5
  • 古いバージョンのLyX(1.5以前?)では、TeX ArchiveからLyX用のスタイルファイルを持ってきてインストールする必要があります。$LYXDIRにコピーした後、LyXの編集メニューから再コンフィギュアします。最新のLyXでは必要ありません。

  • Exampleファイルにはバグがあります。 

  • ユーザーの手引きをCTANでオンラインで見ることができます。

 

注意

Beamerは、横128mm×縦96mm大きさの PostScript と PDF を出力し、それを画面サイズに拡大して使用します。一方、古いバージョンのLyXは、設定メニューの中の「出力」→「LaTeX」→「デフォルト用紙サイズ」で指定した用紙サイズ (A4など) を無条件に dvips に渡してしまうようです。このため、LyX を使って Beamer のスライドを作成すると、PostScript を生成する段階で、A4に埋め込まれた横128mm×縦96mmの出力となってしまうため、巨大な余白が生じてしまいます。

そこで、Beamer でスライドを作成する際には、必ず、「割り付け」メニュー→「文書」→「用紙」の中で 「用紙サイズ」を「任意設定」にし、「高さ」を96mm、「幅」を128mmに設定 しなくてはなりません。

プレゼンテーションを作る毎に用紙サイズを確認するのもたいへんですから、プレゼンテーションテーマともども テンプレートを作っておいた方が良いでしょう。 (例:Warsawスタイル)

 

なお、日本語の文書をPDFに変換する際には、変換途中に使用される全ての変換プログラムが 日本語に対応している必要があります。

ドキュメントアクション

ログイン